勉強 思ったこと

2019/6/2

【実録】「ウェブカツ!!」を6か月やってみた感想

少し遅れましたが、ウェブカツでの報告ブログがとうとう6回目になりました。 2018年11月から学び始め、5月で半年経過。 とにかく目まぐるしく過ぎていった半年でした。 そして今現在(7か月目)、おかげさまでフルリモートで仕事を頂けるようになり、先週開業届を出してきました。形だけ見れば今流行りのフリーランスというやつですが、当の本人が一番驚いています。   6か月の軌跡 ウェブカツに入った当時の私の状態はこんな感じ。 ・HTML/CSSは一応読めば理解はできる(ページ制作経験なし) ・JS、PHP ...

勉強 その他

2019/4/29

自己アピールページ作成のすすめ

先日ツイッターで「自己アピールページを作った方がいいよ」的な内容を書いたのですが、反響が大きめだったことと、リプ欄で繋ぎ忘れてテキストがバラバラになったのでまとめ直しました。ついでに追記もしておきました。 ※スマホだと画像の文字が小さくて読みづらいです、すみません。   ツイッターでのテキスト全文 この1週間、営業に使えるデザイン作品とそのテンプレページを作っていました。 (簡易版) https://raradi.com/wkmin/appeal.html 実際には序文などもっと丁寧に文章を書い ...

勉強 プログラミング

2019/3/21

【実録】「ウェブカツ!!」を5か月やってみた感想

ウェブカツでの報告ブログ5回目です。 5か月目まであと1週間ほどありますが、ポートフォリオサイトが完成し勉強的にもキリが良かったためこの時点で報告ブログを書くことにしました。 最近多くの方が受講されていて、「このままウェブカツを進めたら数か月後にはどんな感じになるのだろう」「Winのまま進めて大丈夫?」と感じている方が多いと思うので(実際に質問を受けました)、今回はそこをメインに書いてみたいと思います。   現在の状況について 勉強時間と進捗はだいたい以下の通り。 平日:0-1時間(ウェブカツ) ...

勉強

2019/3/9

デザインが苦手な方が注意するとよさげな点

先日「KMYさんのようにデザインを作るにはどうしたらいいですか」と質問をいただきました。 また、ここしばらくウェブカツのTL上でも、今フリーランスでWEBエンジニアを始めたばかりの方のNoteでも「デザインが苦手」というのを見たので、私がデザイン上で気を付けているちょっとした点について書くことにしました。   といっても私はデザインのプロではありません。 実はデザインを勉強した経験も一切ありません。 そういう点で私が実践していることは、他の方にも実践しやすいのではと思います。   デザ ...

勉強 プログラミング

2019/2/28

【実録】「ウェブカツ!!」を4か月やってみた感想

ウェブカツで勉強を初めて4か月が経ちました。 そして折り返しをとうに過ぎ、いよいよ半年が見えてきました。   現在の状況について 勉強時間と進捗はだいたい以下の通り。 平日:1-2時間(ウェブカツ) / その他2時間 休日:ほぼ勉強時間なし (制作物ちょいちょい程度) 進捗:現在JS上級部/L3 (1か月でJS中級、HTML/CSS中級~上級、JS上級途中まで。その他WEBサービス部やJS入門を繰り返す) 勉強時間を取れるのはほぼ平日のみです。 なお、4か月目はウェブカツ講座を新しく進める時間よ ...

勉強 プログラミング

2019/1/31

【実録】「ウェブカツ!!」を3か月やってみた感想

  ウェブカツで勉強を初めてあっという間に3か月経ちました。   現在の状況について 勉強時間と進捗はだいたい以下の通り。 平日:1-2時間(ウェブカツ)/ その他2時間 休日:ほぼ勉強時間なし 進捗:現在JS中級部/L15 (1か月でWEBサービス部(2回目)、PHPオブジェクト部、WP部、JS中級途中まで) 勉強時間を取れるのはほぼ平日のみです。 講座を復習しつつ自分のサンプル作成などに時間を割いていたりして、正直進み方で言えばかなり遅い方だと思います。   3か月目、自 ...

勉強 プログラミング

2019/1/18

「Progateとウェブカツどっちがいいの?」

ちょうど昨日ブログに書いたのですが、コンスタントに「Skillhacks」と「ウェブカツ1か月目」の記事がよく読まれています。 「ああ、皆どこで学べばいいのか悩んでいるんだなー」と思っていたのですが、ツイッターのハッシュタグ「#ウェブカツ」を見ていると、ここしばらく毎日のように   「最近よく聞くけどウェブカツっていいのかなあ(チラッ」 「Progateとウェブカツ、悩んでいるんだけど…」   というツイートをよく見るようになりました。   そこで、一応どちらでも勉強している ...

勉強 プログラミング

2018/12/27

【実録】「ウェブカツ!!」を2か月やってみた感想

  ウェブカツで勉強を初めて約2か月経ちました。 現在の状況ですが、勉強時間はだいたい以下の通り。 1日平均 : 2-3時間(ウェブカツ)/ その他2時間 総合計 :約120時間 平日はウェブカツで大体2-3時間+その他2時間。 休日はPC前に座る時間がほぼ時間が取れないため、本を持ち歩き目と脳ができるだけコードを忘れないようにしています。 ・現在の状況について ・各科目について   1)HTML/CSS   2)JS/JQuery   3)PHP   4)WEBサービス部   5)PHPオブジ ...

勉強 雑記

2018/12/4

最初からウェブカツにしておけば

※追記: 知り合いから「興味を持った人のためにウェブカツの内容もある程度書いておいた方がいい」との指摘を頂いたので、記事の最後にリンクと内容を貼っておきます。   ----------------------- 以前私はSkillhacksというサービスを購入し勉強しようと思っていたのですが、結果的には大失敗でした。   その時、たまたまタイミングよく「侍エンジニア塾、SkillHacksで被害に遭われた方は無料にします」という趣旨のウェブカツ主催者様のツイートを見つけ、ご好意で今ウェ ...

勉強 思ったこと プログラミング

2019/1/10

【実録】SkillHacksを2週間で止めてしまった理由

※ここではSkillHacksを購入し、実際に使った個人の感想を率直に述べています。SkillHacks主催者を誹謗中傷する意図は全くございません、予めご了承ください。   現在、プログラミングの勉強をウェブカツ!!で毎日猛勉強中ですが、実はその2週間前には「SkillHacks」というプログラミング学習サービスを購入していました。2018年10月の事です。   その時の私は、このような状態でした。 「HTML/CSSは読み書きできるが、もっと高度な部分まで学びたい」 「WEB系のプロ ...

勉強 その他

自己アピールページ作成のすすめ

投稿日:

先日ツイッターで「自己アピールページを作った方がいいよ」的な内容を書いたのですが、反響が大きめだったことと、リプ欄で繋ぎ忘れてテキストがバラバラになったのでまとめ直しました。ついでに追記もしておきました。

※スマホだと画像の文字が小さくて読みづらいです、すみません。

 

ツイッターでのテキスト全文

この1週間、営業に使えるデザイン作品とそのテンプレページを作っていました。

(簡易版)
https://raradi.com/wkmin/appeal.html

実際には序文などもっと丁寧に文章を書いていますし、志望動機や経歴その他結構長めに書く欄もあります。レスポンシブ対応でハンバーガーメニューもつけています。

 

営業テンプレページ、これを作った理由としては「採用される確率を上げるため」です。私は基本的に書類選考の時点で1→3の順番に絞られると思っています。

1)技術(まず前提)
2)会社に利点があるか
3)熱意
4)人柄(面接段階かも)

1)はポートフォリオやGit提示で済みます。ただそこで終わっている人が多いのが勿体ない。

2)で「自分を雇うことでこれだけのメリットがある」という会社視点の情報をアピールすれば会社側も分かりやすく 自分も他の候補者との差異化を図れるというWin-Winな結果になります。

ちなみに私は自分を雇う場合のデメリット(と簡単な対処法?)も記載します。客観的な分析力がありますよというアピールの意味も込めて笑

そして志望動機などその会社に向けた文章を記載することで3)~4)もアピールできます。ポートフォリオURLを送って来るだけの人と、2)~4)を添えてくる人とで、同じ技術レベルならどちらを採用したいか?ですよね。

 

逆にその人のプライベート情報の優先度は会社にとって高くないと思っています。ポートフォリオでよく見る「犬が好きです」という情報は必要なのか?と。それを書いている人に仕事を頼みたいかということを考えれば、趣味ブログのプロフ欄にでも書けばいいという結論になります。

まあ結論として「会社の立場になってアピールしよう!」です。

--------------------------------------------------------

 

と、またえらく上から目線で書いた文章なのですが、書いてなかったことを少々追記しておきます。

考えてアピール文を書こう

実は「簡易版」で出した文章の中にいくつかさりげないアピールポイントを入れています。


短く書いたA~Dの文章には全て意図があります。

 

A:他の応募者との差異化

「よくある」「シャレオツ系のサンプル」「バリエーションに乏しい」というのは、仕事を求めている方々のポートフォリオを色々見て来た私の感想です。たいがい美容院・カフェ・旅行・自分の趣味モノといったジャンルのものが少ししかないことが多く、ここが狙い目だと思いました。

というのも実際の仕事では色んな業界の方の制作を負う訳で、

「この人、うちのサイト作れるんだろうか?」
「この人、うちのイメージと合わないな...」

と思われたら終わりです。なので最初に「他はバリエーションに乏しいかもしれませんが、私は違います」というアピールを行っています。

 

B:自発性・やる気のアピール

”「制作実績」を掲載しているWEB制作会社の案件を数十件ほど調べ、と書くことで「この求人に応募するにあたって、本気でやる気だな」と思わせるための文章です。

また、きっと企業は受け身の人間よりは、「何が最善か」を自分で考えて動ける・提案できる人間の方を優先してくれるはず(希望的観測)。

 

C:マーケティングを考えてますアピール

「上位5種の業界のデザインをアピール用として制作」、これは自分の好きな制作を行っているだけでなく、ちゃんとマーケットのニーズを考慮した制作を行っているんだなと思ってもらうための文章です。

なおこの場合、厳密に上位5種でなくても構いません。例えば同じようなテーマカラーの業界がかぶるのであれば、わざと違う業界を選んでも構わないです。

見て頂いたら分かるんですが、

  • 住宅系 →明るい緑・オレンジ
  • 学校系(子供向け)→ポップカラー
  • 工業系 →しっかりした青
  • 治療院系 →ほんわか茶&ピンク
  • 士業系 →クールな緑

と全てカラーが被らないようにジャンルを選んでいます。もちろんデザインも。

なぜなら、できるだけ多くのバリエーションを見せるのが目的で、本当に上位5種業界なのかどうかはここではどうでもいいからです(とはいえ、ちゃんと上位にある業界を選ぶように)

 

D:作業のスピードをアピール

「1週間」と〆切を決めたのは、実務に対応できるスピード感を想定」、これはかずきちさんのツイートにヒントを得たものです。

私も含めて、プログラミングなどを勉強して今から仕事が欲しいと思っている側の人間は、雇用側(経営者・企業)と比較して時間コストへの認識が全く違うんだと改めて気づかされました。

今はダラダラと「あー今日もできなかったー明日こそ~」と制作をしていればいいとしても、いかに時間を効率よくコストよく使うかという戦いの中で生きている側にしてみれば、きっとその姿勢は世間知らず・甘えにしか見えないし、「で、君はその制作物をどれくらいかけて作ったの?」と聞きたくなるに違いありません。

そこを考えて時間をアピールするというのは、会社にかけるコストを極力減らします・〆切も守ります、というアピールに他ならず、実は必須項目レベルなのでは?と考えました。

 

プライベート情報について

「ポートフォリオでよく見る「犬が好きです」という情報は必要なのか?と。

と書きましたが、書くところさえ間違えなければ個人情報も立派なアピールになると考えています。

例えば動物病院・団体など「犬」に関係した仕事に応募する場合、犬が好きというのは立派なアピールになります。

(もちろんその場合「犬が好きです」とだけ書くのではなく、「普段から犬が好きで、その習性や生態も他の人よりは詳しいと思います。そのため~~~」というようにアピール用カスタマイズは必要で)

書くところさえ間違えなければ、というのはつまり、ポートフォリオに書いてしまうことが間違いだということです。

ポートフォリオはあくまで「私はこれだけの制作を行うことができます」というための提示資料であり、「プロフィール」というのは「私を見て!!」ではなくあくまで「私の持っているスキルを見て!」を書く場なのです。

なので、「犬が好き(で御社に役立てることができます)」という情報は、その応募企業に対してのみのアピールであることから、自己アピールサイトの「志望動機」や「メリット」に書くべきだと思うのです。

 

あと純粋に、私が書類選考・面接側だった時にプロフィールに「「海が好きで、1年に2~3回は行ってます~」みたいなプライベート情報をずらずら書いてあるのは「素人くさい」という印象を受けていたというのがあります。

ビジネスでどんな情報が求められていてどんな情報を提示すべきか、というのが区別できていない(プライベートとビジネスの線引きができていない)印象とでもいえばいいでしょうか。

 

的確に返そう

企業側が何らかの必須スキルを提示していた場合、あらかじめそのことに触れておくと企業側の判断材料になります。

例えばこれは私の場合なんですが、

ちゃんと相手の要望を読んだうえでの応募である、ということに触れておきます。

というのも書類選考側は「お前ちゃんと募集要項読んだのかよ!???」的な応募の多さにうんざりしているからです(というか私がそうでした笑) かずきちさんがよく言っている「DMでと言ってるのにリプで返す奴には反応しない」なんかも多分そうですね。

この辺りは仕事を始めてからも関わって来る(要件定義書云々)でしょうから、ここを押さえておくだけで、多少は相手の安心感も違ってくるのではないかなーと。

 

結論

「ライバルと違うことをやろう」
「企業側の立場になって(応募者のどういう情報を得たいか)考えよう」

これだけです。

おそらくメールやDMで「この仕事したいです!宜しくお願いします!ポートフォリオはこちらです!」とだけ書いている応募者が多い中、自分で積極的に違う点をアピールするだけでかなり有利になると思うのでやってみる価値はあると思います。

逆にここまでやってダメならさっぱり諦めて次にいけますしね!!

 

なおこのアピールサイトを提示したところ、お仕事を頂ける流れで話が進んでいます。有難いことです。

 

 

おすすめ記事

1

※ここではSkillHacksを購入し、実際に使った個人の感想を率直に述べています。SkillHacks主催者を誹謗中傷する意図は全くございません、予めご了承ください。   現在、プログラミ ...

2

ウェブカツで勉強を初めて約1か月経ちました。   私のツイートについているハッシュタグ「#skillhacks では実務レベルのスキルがつかなかったので #ウェブカツ で稼げる力を学び中」を ...

3

私がHTMLを覚えたのは20年ほど前のことです。 まだCSSもなく、背景がデフォルト灰色のままの文字だけ並んだホームページがまだ普通だった時代。HTMLの初心者用本というのは殆どなくて、HTML/JS ...

-勉強, その他

Copyright© 40代主婦が、今から始めるプログラミング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.